森の京都とは

森の京都とは

京都府の「森」は、府内面積の約75%を占め、全国平均(約67%)を上回り、特に、府中部地域は「森」の恵みが大変豊かなエリアです。

森は、そこに生きる生物だけでなく、産物や豊富な水の供給によって、都人をはじめ、人々の生活を支えてきました。森の中には、食料となる動植物、燃料や資材となる木材、農耕を支える水など、人の生活文化に不可欠な資源が多種多様に存在します。日本の文化が「森の文化」「木の文化」と言われる由縁です。

この奥深い森に恵まれた「森の京都」エリアにおいて、森をテーマに、森、里、川の資源や、古くから京の台所を支えてきた食、そしてスポーツ施設などを活かし、エコツーリズム、スポーツツーリズムなど、新しい観光のスタイルによる観光振興を図ってまいります。


美山かやぶきの里 芦生の森 スプリングスひよし 府民の森ひよし 道の駅「ウッディー京北」 保津川下り 湯の花温泉 嵯峨野トロッコ列車 京都府立丹波自然運動公園 道の駅「京丹波味夢の里」 鬼伝説の里「大江」 里山ねっとあやべ あやべ温泉

「森の京都」アクセスMAP

アクセスマップ
・鉄道で京都駅から20〜90分圏内・車で大山崎JTCから25〜90分圏内

  • ▼電車の時刻表はこちらで検索

  • ▼高速・バスはこちらで検索

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

PAGE TOP