エリア紹介 福知山市

福知山市

大江山鬼のふるさとエリア

丹後天橋立大江山国定公園に指定された「大江山・三岳山」を中心とするエリアは、雄大な山容や雲海などの素晴らしい景観とともに、源頼光や酒呑童子、元伊勢神社などの伝説に彩られた魅力あるエリアです。
酒呑童子の郷としてロマンと伝説に抱かれたこのエリアは、複雑な山塊のため樹種が豊富で、南方系と北方系の植物が交じり合う植物の宝庫としても知られています。八合目の鬼嶽(おんたけ)稲荷神社付近には、ブナ、ミズナラの原生林が残ります。
 ツキノワグマ、シカ、イノシシなど動物も多く、京都でも屈指の探鳥地であり、秋の早朝に見られる雲海は、大江山一帯を神秘のベールの中に包み込みます。
 このエリアはハイキング、ウォーキングとともに、近年人気が高まりつつあるニュースポーツ、ノルディック・ウォークの拠点として今後期待されます。
また、古くから言い伝えられている源頼光の酒呑童子伝説をはじめとする三つの鬼伝説、各地の山里に残る彫刻や文書、民俗伝承などをめぐる散策もお薦めです。

京都府・緑化センター酒呑童子祭り 天岩戸神社福知山城觀音寺あじさい 宝山の雲海

鬼伝説の里「大江」(酒呑童子の里)

fukuchiyama01

酒呑童子の里は、昭和44年に休山した河守鉱山の社宅や寮などの跡地を利用して開発された観光・レクリエーションゾーンです。大江山の家 童子荘、大江山グリーンロッジ、日本の鬼の交流博物館を始め、バンガロー、キャンプ場、バーベキューハウスなどの野外活動施設、グラウンド、体育館、全天候型テニスコートなどスポーツ施設が整備されています。
 里では、春は萌えるような新緑の中での森林浴、夏は渓流釣りに昆虫採集、キャンプに林間学校、秋は雲海を眺めながらのハイキング、冬は雪遊びと、四季折々に楽しみが多種多彩です。とくに大江山の中腹にあり夏でも涼しいことから、林間学校やスポーツが盛んです。この時期には、大江山登山や勉強会、川遊びなどを取り入れた一泊の林間学校やスポーツ合宿、吹奏楽、スポーツ少年団など、遠方からもたくさんの人が訪れます。

その他の観光施設

大江町和紙伝承館
泰山窯大林泰山
丹波生活衣館
やくの木と漆の館
京都府・緑化センター
農匠の郷やくの(道の駅)
毛原棚田
三段池公園
◆元伊勢三社(内宮皇大神社外宮豊受大神社天岩戸神社
長安寺
やくの玄武岩公園

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

PAGE TOP