森の京都のお知らせ -NEWS-

HOME > DMOニュース > No.22「ジングル・ウィークSeason8」に出店しました

No.22「ジングル・ウィークSeason8」に出店しました

No.22「ジングル・ウィークSeason8」に出店しました

昨年12月15日(土)から25日(火)までの11日間、京都市役所前のゼスト御池で『ジングル・ウィーク Season 8』が開催されました。森の京都からもブース出店し、クラフト品の販売やパンフレットの配布を行いました。

『ジングル・ウィーク』は、東日本大震災後、被害を受けた方々への支援の気持ちを込めて平山みきさんが主宰して始まったもので、今回で8回目を迎えます。

森の京都では、河原町広場に3ブース出店し、京都丹波クラフト友の会と共同して、クリスマスリース、クリスマス用の木工装飾品や布小物などのクラフト品を販売したほか、森の京都オリジナルの木盃や木づくりロゴも販売し好評をいただきました。森の京都からの出店は今回2回目ですが、「昨年も森の京都から出店されていましたね」と暖かいお言葉もかけていただきました。

また寺町広場で糸鋸体験プログラムを実施したところ、通りがかりの外国人観光客にも足をとめていただき談話するなど、「森の京都」の魅力をお伝えするとても良い機会となりました。