森の京都のお知らせ -NEWS-

HOME > DMOニュース > No.29 大河ドラマ「麒麟がくる」推進協議会のオブザーバーになりました

No.29 大河ドラマ「麒麟がくる」推進協議会のオブザーバーになりました

No.29 大河ドラマ「麒麟がくる」推進協議会のオブザーバーになりました

2020年のNHK大河ドラマが、森の京都エリアにゆかりのある明智光秀公が主役の「麒麟がくる」に決定しました。

森の京都DMOとしてもこれを契機に、明智光秀公を中心にその娘「細川ガラシャ」に焦点を当てたゆかりの地域の自然や歴史文化を全国的に発信し、観光振興と地域の活性化に繋げるため積極的に関わっていき、今後関連ツアーの実施や各種イベントへの参加など、各地でゆかりの地PRを進める中で、一過性でなく、継続性のある事業展開に寄与したく思っています。