伝統食・行事食の歳時記

綾部ちゃmv

綾部市

あやべ茶

京都の茶文化を支える高品質のお茶

「日本二大茶」のひとつである宇治茶は、その名から宇治で栽培されていると思われがちだが、生産の多くは周辺の地域が担っている。中でも綾部は知る人ぞ知るお茶の産地である。
  

綾部では、朝霧に包まれ日照時間が少ない特有の気候風土から、日光をさえぎってうま味を引き出す「かぶせ茶」の技術が磨かれてきた。まろやかな味わいと鮮やかな色合い、香り高さが高く評価され、近年では「あやべ茶」ブランドとしても売り出されている。

地元の茶農家でつくる「両丹いきいきファーム」が「あやべ特産館」に開いたのが、綾部ブランドのお茶を楽しめる「綾茶café」。玉露は自分で入れていただくが、スタッフが入れ方を教えてくれるので、お茶を入れたことがない人も安心。甘みが強く繰り返し飲め、茶葉は食べることができる。さっぱりとした煎茶は、お茶菓子との相性が抜群。抹茶は生粋の綾部産はもちろん、宇治茶ブレンドも選ぶことができ、それぞれ違った魅力を味わえる。近年、スイーツの素材としての抹茶の消費は伸びているが、お茶そのものの消費量は落ち込んでいるという。綾茶caféでは、ゆっくりお茶を味わい、飲み方を提案する場を作ることによって、その魅力を発信する努力を続けている。

会社写真

綾茶café

あやべ茶にこだわった“コーヒーのないカフェ”。地元農家が丹精こめて育てた綾部ブランドのお茶を綾部の素材を生かしたスイーツと共に楽しめ、お茶好きにはたまらない至福のひとときを味わうことができる。

TOP