伝統食・行事食の歳時記

はりはり鍋mv

京丹波町

水菜と猪のハリハリ鍋

京丹波ならではの猪のハリハリ鍋

「ハリハリ鍋」は、水菜を用いた鍋料理のこと。「ハリハリ」とは水菜のシャキシャキとした食感からきているとされる。

もともとは水菜と鯨肉以外はなにも入れない簡素な料理で、かつて捕鯨が盛んだったころに考えだされたといわれる。出汁に鯨肉の脂が溶け出すと深いコクが生まれ、水菜が鯨肉のクセをおさえて美味だとして親しまれてきた。商業捕鯨が禁止となってからも、少量ながら調査捕鯨で捕獲された鯨肉が流通しており、高級食材として食べることができるが、入手困難であることから牛や豚、鴨といった別の食材で代用されることが多くなった。京都・丹波地方ではもともとイノシシの肉が鍋料理の食材として好まれてきたことから、代わりに用いられることがある。水菜は伝統的な京野菜であり、京都以外の地域では「京菜」とも呼ばれ、昔から鍋物や漬物に利用されてきた。京丹波町は古くから京の都に献上する一大産地として栄え、今も水菜の栽培が盛んである。

京丹波町の道の駅「和」では、地域の特産物である水菜とイノシシの肉を用いたハリハリ鍋を考案。他にも里いも、大根、白菜、人参など、地元の豊かな食材を使い、地域の魅力がつまったメニューの提供を予定している。

会社写真

道の駅 和

丹波の特産物や農産加工品がそろう道の駅。レストラン「和」では地野菜や特産物を使ったメニューが並び、和知人形浄瑠璃や和知太鼓等などの定期公演や、夏季にはバーベキューガーデンでバーベキューや鮎の塩焼きなどを楽しめる。

TOP