森の京都で楽しもう -EVENT-

HOME > イベント情報 > 佐伯灯籠 人形浄瑠璃

佐伯灯籠 人形浄瑠璃

概要

ひえ田野神社、御霊神社、河阿神社、若宮神社の4社が合同で行う盆行事。国の重要無形民俗文化財に指定されている。
貞観5年(862)京都御所からひえ田野神社に灯ろうが下賜されたのを祝い、五穀豊穣を願う地域のまつりとして始まった。
農作業の様子を表す人形が飾られた5基の灯籠がみこしとともに地域を練り歩き、境内には夜店が数多く立ち並ぶにぎやかな夏の夜の祭典で、浴衣姿の人達が大勢繰り出す。
「台灯籠」と呼ばれる移動式の小さな舞台では、背丈30cmほどの人形を操る浄瑠璃が演じられる。

開催日程
2019/08/14
開催場所
ひえ田野神社
アクセス
◆JR嵯峨野線「亀岡」駅から京阪京都交通バスで約15分「国道佐伯」下車、徒歩約3分
HP
http://www.kyoto-jinjacho.or.jp/hiedano-jinja/