森の京都で体験しよう -EXPERIENCE-

HOME > 体験情報 > 【森の京都】丹州材を使ったマグカップ KYO-KUKUSA作りと林業の現場を見学 森の京都で学ぶ大人の遠足

【森の京都】丹州材を使ったマグカップ KYO-KUKUSA作りと林業の現場を見学 森の京都で学ぶ大人の遠足

【森の京都】丹州材を使ったマグカップ KYO-KUKUSA作りと林業の現場を見学 森の京都で学ぶ大人の遠足
【森の京都】丹州材を使ったマグカップ KYO-KUKUSA作りと林業の現場を見学 森の京都で学ぶ大人の遠足
【森の京都】丹州材を使ったマグカップ KYO-KUKUSA作りと林業の現場を見学 森の京都で学ぶ大人の遠足
【森の京都】丹州材を使ったマグカップ KYO-KUKUSA作りと林業の現場を見学 森の京都で学ぶ大人の遠足
【森の京都】丹州材を使ったマグカップ KYO-KUKUSA作りと林業の現場を見学 森の京都で学ぶ大人の遠足
【森の京都】丹州材を使ったマグカップ KYO-KUKUSA作りと林業の現場を見学 森の京都で学ぶ大人の遠足
【森の京都】丹州材を使ったマグカップ KYO-KUKUSA作りと林業の現場を見学 森の京都で学ぶ大人の遠足
【森の京都】丹州材を使ったマグカップ KYO-KUKUSA作りと林業の現場を見学 森の京都で学ぶ大人の遠足
概要

森に入り、木の伐採から製材所で木材になる過程を見学を通して学びます。
森の京都ならではの林業の学びと、森の中で昼食を取りリラックス要素を感じられます。

「丹州材」とは、中丹地域由良川筋で育ったスギ・ヒノキの愛称であり、古くから高い値段で取引されている高級材木。
北欧フィンランドの先住民サーメ人の伝統工芸品であるククサには、「プレゼントされた人が幸せになる」という言い伝えがあります。

8割ほど出来上がった半完成品の木のマグカップ「KYO-KUKSA(ククサ)」をやすりで削って作る体験です。
残り2割を自分で削ることで、自分の手に合う形に仕上げることが出来ます。

森で生きる木から、生活に密着した製品になるまでの工程を実際に見て体験します。

〈体験の流れ〉
①集合
②森に行く ※汚れても良い服装で、軍手があれば好ましい。
③木の伐採を見る
④切り株に座って食事 ※昼食(お弁当等)を持参下さい。
⑤製材所見学
⑥ククサ作り ※できたククサは当日お持ち帰りいただけます。

開催日程

通年

体験時間

9:00

所要時間

6時間

料金

6,500円

体験施設
伊東木材株式会社
住所

京都府福知山市字立原10番地

アクセス

・お車でお越しの方
舞鶴若狭自動車道 福知山ICから18分(国道9号線沿い)
・交通機関をご利用の方
JR山陰本線「上川口駅」より徒歩 約22分

注意事項
・お弁当をご持参下さい。
・汚れても良い服装で、軍手があると好ましいです。
キャンセルポリシー

プログラム実施日の前日から起算してさかのぼって
3日目にあたる日以降の解除:プログラム料金の20%
実施日当日(開始時間前)の解除:プログラム料金の50%
開始後の解除または無連絡不参加:プログラム料金の100%

備考

駐車場:有り

        森の京都へ直接申し込む アソビューから申し込む じゃらんから申し込む