森の京都からのおしらせ

福知山ミュージアムで光秀の「武将印」配布

ゆかりの戦国武将・明智光秀を主人公にしたNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の放送に合わせて開設された
福知山光秀ミュージアムで、1月12日から2月7日までオリジナル武将印を無料配布します。

ミュージアムは、官民連携組織・福知山光秀プロジェクト推進協議会(会長・塩見和之福知山商工会議所会頭)が主催し、市佐藤太清記念美術館2階に構えており若き美濃時代から本能寺の変までの光秀の生涯を始め、福知山での築城や城下町づくりでの知恵、茶の湯や連歌をたしなむ文化人の一面といった光秀の魅力をパネルや映像で紹介しています。

期間限定

福知山光秀ミュージアムでオリジナル武将印を無料配布!


明智光秀「武将印」 (入館者全員)

配布機関: 2021年1月12日(火曜日)~2021年2月7日(日曜日)

配付対象: 上記期間に入館された方に一枚ずつ

武将印サイズ: A6サイズ

最後1か月、目標達成に向けて市内外の皆さんにご協力を募り、来館者に感謝の気持ちを伝えるべく、プレゼント企画を構想。
福知山城の「御城印」が大変好評なことから、来館者に喜んでもらえるものとして、明智光秀「武将印」を作成しました。
赤と金の華やかな色彩と、福知山城に麒麟が降り立ったようなデザインがポイントです。

TOP