森の京都で見つけよう -SPOT-

和知人形浄瑠璃

概要

人形が大ぶりであること、一体の人形を一人で操ることを特徴とする和知人形浄瑠璃。江戸時代末期に大迫で起こったと伝えられ、人形のかしらの中には、名工・阿波の「天狗屋久吉」(天狗久)の作がある。昭和60年(1985)には、京都府の文化財指定を受け、その保存育成に努めている。
道の駅「和(なごみ)」道路情報センターで定期上演。

住所
船井郡京丹波町本庄
営業時間
月1回の定期公演 13時30分〜(約90分)
料金
協力金 大人 300円 小人 100円
アクセス
〈道の駅「和」〉◆JR山陰線「和知」駅下車、徒歩20分◆京都縦貫自動車道「京丹波わち」ICから国道27号で約10分◆舞鶴若狭道「綾部」ICから国道27号で約20分
備考
上演案内は道路情報センターTEL.0771-84-1522