エリア紹介 京北町

京都市右京区京北

都を支える森のエリア

京北エリアは、右京区の北部に位置し、地域のほとんどが森林で、その割合は9割以上を占めます。北山杉の磨丸太などの産地として林業が栄え、古来より、桂川の水運を利用した都の材木供給地となってきました。
地域全体が丹波高原の中にあり日本海と太平洋の分水嶺に位置し、現在も全国屈指の林業地です。
住民の生活は、平均標高240mの平坦部に散在する集落で営まれており、その気候は山々に囲まれた内陸型で、夏涼しく、冬寒く、降水量も多くなっています。この気候が、森林の育成には適しているといわれています。
自然豊かなこのエリアには森林公園など自然と触れ合う施設がたくさんあり、自然観察ガイドウォーク、北山杉を使ったアスレチックや森林浴、バーベキューなどを楽しむことができます。
最近、パラグライダーの施設もあり、大空を楽しむ新しいメッカとしても売り出し中です。また6月から9月にかけては鮎の友釣りのメッカとなり、様々な渓流釣りを楽しむことができます。

常照皇寺宇津狭公園常照皇寺桜京北森林公園芹生の里滝又滝

道の駅ウッディー京北」エリア

ウッディー京北は、京都市市街地から車で約60分、西の鯖街道と呼ばれた国道162号の京北周山町にあります。この京北地域は、北山杉などの木材を生産する森林や鮎つりのメッカでもある上桂川の清流など、豊かな自然環境に恵まれています。 ウッディー京北から、常照皇寺、宇津峡公園などへ足をのばしてはいかがでしょう。

京北エリア内の周遊

①片波川源流エリア(伏条台杉群とホンシャクナゲ群落などの原生自然)
②廃村八丁・鴨瀬谷エリア(廃村八丁や北山の古峠と丹波広域林道の山なみ)
③芹生エリア(山城国から丹波国への東端の峠)
④山国・天童山エリア(美しい田園と天童山から望む丹波高原の雄大な眺望)
⑤細野エリア(滝又の滝・栗尾峠の展望と愛宕山への裏参道)
⑥下宇津エリア(宇津峡公園と貞任の通った古代の峠)

片波の伏条台杉
京北森林公園
京北山国の家
宇津峡公園
ウィングヒル京北
常照皇寺

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on Facebook

PAGE TOP