春の福知山城

神秘の山からエネルギーを頂く。

04

福知山市

ふくちやまし

福知山市

の北側に位置する「大江山連邦」。晩秋から春先にかけて神秘的な雲海に包まれるこの山々には、天照大神が三重県の伊勢神宮に鎮座する54年前に祀られたとされている「元伊勢三社」や、平安時代に源頼光によって退治された「酒呑童子」の云い伝えがあります。緑が深い静かな木立のあいだを歩いてみると、自然の力強さを感じることができます。

市内には、里山の暮らしを体験できる農家民宿や、福知山産の地鶏や野菜をふんだんに使用した料理を堪能できるレストラン、丹波産の黒豆や栗を使ったスイーツが楽しめるカフェなどが徐々に増えており、この地に受け継がれてきた “山の恵みをいただく” という生活のあり方を五感を通じて感じることができます。

明智光秀が福知山城を築いた1579年頃から始まったとされている「ドッコイセ踊り(福知山音頭)」は、福知山の夏の風物詩。また、城下町エリアにある新町商店街では、毎月第4日曜日に「福知山ワンダーマーケット」が開催され、かつてこの地が商業の要所として発展してきたように、新たな人の行き来や賑わいを生み出しています。

MORI no KYOTO

Fukuchiyama City Photo Gallery

TOP