森の京都

生身天満宮(いきみてんまんぐう)

  • 南丹市
  • 生身天満宮(いきみてんまんぐう)
  • 生身天満宮(いきみてんまんぐう)
  • 生身天満宮(いきみてんまんぐう)
  • 生身天満宮(いきみてんまんぐう)
  • 生身天満宮(いきみてんまんぐう)
  • 生身天満宮(いきみてんまんぐう)
  • 生身天満宮(いきみてんまんぐう)
  • 生身天満宮(いきみてんまんぐう)
  • 生身天満宮(いきみてんまんぐう)
  • 生身天満宮(いきみてんまんぐう)

学問の神様で有名な菅原道真公を祀っている生身天満宮は、菅原道真公存命中に建立された日本最古の天満宮。この神社は、歌舞伎の名作「菅原伝授手習鑑」の登場人物である武部源蔵が太宰府に左遷された道真公を偲んで小さなほこらを建て、生祀としたのが始まりとされている。静かな境内には、土地、水、火などの神を祭る神社があり、天満宮のあるこの地を守っている。

詳細情報

  • 開催・
    営業時間

    拝観自由

  • 住所
    京都府南丹市園部町美園町
  • アクセス

    ◆JR嵯峨野線「園部」駅下車、徒歩12分

  • 電話番号
    0771-62-0535
  • WEBサイト
    WEBサイトはこちら 

◆JR嵯峨野線「園部」駅下車、徒歩12分

同じエリアの記事一覧

TOP