森の京都

大山祇神社

  • 南丹市

田んぼ道から少し小道を登った所に周囲を木立に囲まれて鎮座している。藤原純友の弟純索が、現地に熊野三所権現を祀ったのに始まり、後に文中3年(1374)楠木正成の弟、正季が現在の社地を定めたといわれている。本殿は応永26年(1419)のもので一間社流造り。屋根は桧の薄い板を並べて葺いた柿葺きで、重要文化財に指定されている。

詳細情報

  • 開催・
    営業時間

    拝観自由

  • 住所
    京都府南丹市園部町大河内
  • アクセス

    ◆JR嵯峨野線「園部」駅から京阪京都交通バス(八田線)で「八田」下車、ぐるりんバスに乗り換え「南八田」から「大河内」下車、徒歩10分

  • 問合せ先

    南丹市社会教育課
    0771-68-0057

◆JR嵯峨野線「園部」駅から京阪京都交通バス(八田線)で「八田」下車、ぐるりんバスに乗り換え「南八田」から「大河内」下車、徒歩10分

同じエリアの記事一覧

TOP