森の京都で見つけよう -SPOT-

大福光寺

大福光寺
大福光寺
大福光寺
大福光寺
大福光寺
大福光寺
大福光寺
大福光寺
概要

雲晴山大福光寺は真言宗御室派の末寺。本尊に毘沙門天を祀るところから、“蕨(わらび)の毘沙門さん”の名で知られている。

京都鞍馬寺の僧釈峰延が延暦年間(782〜805)に開いたといわれ、足利尊氏の帰依を得て以来足利将軍家の祈祷所として崇拝を受けてきた。

また、寺宝の紙本墨書方丈記は鴨長明が建暦2年(1212)に著した中世文学の代表作「方丈記」の写本で、方丈記の写本としては最古に属する貴重なもの。

住所
京丹波町下山岩ノ上43
営業時間

拝観自由

アクセス

◆JR山陰線「下山」駅下車、徒歩25分