森の京都

【森の京都】丹州材を使ったマグカップ ミニKYO-KUKSAを作る体験を通して森の大切さを学ぶ

  • 福知山市
  • 【森の京都】丹州材を使ったマグカップ ミニKYO-KUKSAを作る体験を通して森の大切さを学ぶ
  • 【森の京都】丹州材を使ったマグカップ ミニKYO-KUKSAを作る体験を通して森の大切さを学ぶ
  • 【森の京都】丹州材を使ったマグカップ ミニKYO-KUKSAを作る体験を通して森の大切さを学ぶ
  • 【森の京都】丹州材を使ったマグカップ ミニKYO-KUKSAを作る体験を通して森の大切さを学ぶ
  • 【森の京都】丹州材を使ったマグカップ ミニKYO-KUKSAを作る体験を通して森の大切さを学ぶ
  • 【森の京都】丹州材を使ったマグカップ ミニKYO-KUKSAを作る体験を通して森の大切さを学ぶ

受付中

*=======*========*========*========*

現在体験受付中です

 

2020.5.7追記
この度、緊急事態宣言の期限が31日まで延長される旨の発表を受けて
森の京都DMOが「特定警戒都道府県」に該当することから

引き続き体験の申込を中止することになりました。
■中止期間: ~5/31(日)までの体験(予定)

 

2020.4.17
昨日政府より発表されました、新型コロナウィルスの感染防止に向けた「緊急事態宣言」が
全国に拡大したことを受けて、本日より5/6(水)までの体験のお申込受付を中止させていただきます。

*=======*========*========*========*

 

 

 

「丹州材」とは、中丹地域由良川筋で育ったスギ・ヒノキの愛称であり、古くから高い値段で取引されている高級材木。
北欧フィンランドの先住民サーメ人の伝統工芸品であるククサには、「プレゼントされた人が幸せになる」という言い伝えがあります。

8割ほど出来上がった半完成品の木のマグカップ「KYO-KUKSA(ククサ)」をやすりで削って作る体験です。
残り2割を自分で削ることで、自分の手に合う形に仕上げることが出来ます。
ものづくり体験から木の温かみと、ものを大切にすることを学べます。

〈体験の流れ〉
①集合
②森について学ぶ
③ククサについて学ぶ
④レクチャー
⑤ククサ作り
※できたククサは当日お持ち帰りいただけます。

詳細情報

  • 施設名

    伊東木材株式会社

  • 開催日程
    通年
  • 体験開始時刻

    ①10:00 ②13:00

  • 所要時間

    2時間

  • 料金

    3,000円

  • 最少催行人員
    4
  • アクセス

    ・お車でお越しの方
    舞鶴若狭自動車道 高速福知山ICから18分(国道9号線沿い)

    ・交通機関をご利用の方
    JR山陰本線「上川口駅」より徒歩 約22分

  • 住所
    京都府福知山市字立原10番地
  • 駐車場
    あり

\ 参加申し込みはこちら /

・お車でお越しの方
舞鶴若狭自動車道 高速福知山ICから18分(国道9号線沿い)

・交通機関をご利用の方
JR山陰本線「上川口駅」より徒歩 約22分

他のプラン

同じエリアの記事一覧

TOP